職員インタビュー(作業療法士) | アルペンビレッジ

RECRUIT リクルート

職員インタビュー

なぜ、アルペンリハビレッジを選んだのですか?

回復期から通所リハビリまで様々な分野で活躍している
この場所で基礎を築きたい

私は学生の頃、作業療法士としてどのように活躍したいかという目標が曖昧でした。作業療法士という人材が増加していく中で、自分はどのような武器を身に付けて作業療法を展開していけばよいのか、不安でいっぱいでした。そんな中、回復期リハビリテーション病院から通所リハビリテーションなど、様々な分野で活躍しているアルペンリハビレッジを知り、ここで作業療法士としての基礎を築きたいと考えたため、就職を希望しました。

実際に働いてみて、働く前と何か変化はありますか?

利用者さんとの旅行がきっかけで
患者さんに「笑顔」を届けたいと強く思うように

私は、たくさんの患者さん・利用者さんと関わらせていただく中で、作業療法士として何ができるかを考えさせられることが多々ありました。そんな中、通所リハビリテーションの利用者さんとの宿泊旅行に同行する機会がありました。旅行を共にする中で、スタッフ以上に活気のある利用者さんを見ると、私はこの職業で、患者さんに笑顔を届けたいと強く感じました。その後は、患者さん・利用者さん出来ないと思っている事に対しても、あきらめず実現するための方法を一緒に考えるようになりました。

働く上であなたが大切にしていることを教えてください

患者さん第一の医療を提供すること

患者さん・利用者さんは獲得された機能を失うことで、何事もあきらめがちな傾向にあります。しかし、先ほどの体験を経て、障害を有していても旅行や趣味を通して、自分らしく活気のある生活が出来るということを知りました。この体験を伝えることで、患者さん・利用者さんに夢を持っていただきたいと考えています。今では、患者さんのやる気・意欲を引き出し、患者さん第一の医療を提供することを大切にしています。

アルペンリハビレッジにしかない魅力はどんなところですか?

チームの団結力と他職種の共有

アルペンリハビレッジは、各職種が密に連携を取り合い患者さんの治療やケアに従事します。どのスタッフも協力的であり、患者さん第一の医療を提供しようとするチームの団結力はとても魅力的だと感じます。
また、多くの職種が排泄や更衣などのケア業務に携わり、他職種の大変さを理解することが出来ます。これは他の病院では経験できない事であり、同じ職場で働く他職種を理解するということはとても重要だと感じます。この2つはアルペンリハビレッジの大きな魅力の1つだと思います。

あなたの目標を教えてください

多くのことにチャレンジし人生経験を深めたい

私は目標が曖昧なまま、このアルペンリハビレッジへ就職しました。しかし、働く中で多くの経験をさせて頂き、自分には人生経験がまだまだ不足していると感じました。治療の中で様々な作業活動を用いますが、自分自身が経験したことのない活動がたくさんあり、治療にうまく活かせないことがあります。そのため、私は心身共に成長するため、多くの事にチャレンジし、治療に活かす事を目標にしています。今後も患者さん第一の医療が提供できるよう、アルペンリハビレッジの魅力を活かし、 さらなる自己研鑽を積んでいきたいと考えています。